日本伝統の江戸友禅を、既存品販売からお誂え(オーダーメイド)まで。後藤友禅染色工房

友禅染 とは

  • HOME »
  • 友禅染 とは

友禅染とは? (歴史解説)

西暦1682年。今からざっと330年ほど昔の天和二年。五代将軍綱吉の御世。

生類憐れみの令発布より遡ること五年。

江戸を中心に大規模な奢侈禁令の法度が出されました。
世に言うこの「天和の大禁令」を一つのきっかけとして、友禅染なるまったく新しい紋様形式が生み出される事となります。

繻子、緞子、又染めでは鹿の子絞りなどの贅沢な着物の着用が禁止されることにより、人々の関心が綺麗で華やかな模様染めに移ってゆくのは、自然な流れでした。
京都は知恩院前に住まいしたといわれる扇絵師、宮崎友禅斎によって創始、又は集大成されたとされる友禅染は、三百年後の今日に至るまで、絶えることなく脈々と我が国の着物染めの逸品として受け継がれて参りました。

我が国染織の歴史は、遠く縄文・弥生の時代まで遡ることが出来、
文様染めに関する資料としては、奈良・東大寺の正倉院御物に大変顕著です。

その中でも特に著名な「﨟纈(ろうけつ)・纐纈(しぼり)・夾纈(板じめ)」の三大染法を古くルーツに置きながら、世界にも比類のない発展を呈して参りました。
古代ペルシアから奈良へと続く、細く長い一本の絹の道。営々たる文化の営みの果てに、今日の友禅染がある訳です。
友禅染は代々あまたの染色技法中、一番最後に出現した言わば染めの集大成、究極の染法としての性格を体する技法です。

 

日本染織史・友禅染への流れ/

下記をご参照下さい。ただ今、より明解な染色史コーナー新設予定でおります。お待ち下さいませ。
日本染織史

 

 

技法解説

具体的な技法としましては、まず仮絵羽した白生地の着物に紫露草の汁から作った汁を和紙に染み込ませた「藍花」という液で下絵を細く線描します。

次にその線の通りに、糯粉から作った「糸目糊」という糊を置き引いてゆきます。
この糊が防染の土手になり、どんなに細かく描かれた模様の形にも染め分けることが出来る訳です。糸目とは、糸のように細いという意味です。

そして糊を生地に定着させるために、地入れと言って、布のり(浴衣に張りを入れるのりと同様)を生地全面に引き、乾燥させてから自由に色挿し(彩色)を施します。

次に挿し上がった色を定着させるために、大釜で蒸します。湯気と熱で、色素が生地深くに染み込んでゆきます。

蒸し終えたら、矢張り糯粉で作った「伏せ糊」という糊を着彩した模様の上全面に覆いかぶせます。

又地入れをして伏せ糊を定着させてから、今度は、地染め(模様以外の生地全部の染め)を行います(最近は水に溶けないゴム糊という糊ができたため、先に伏せて地染・水元をしてから模様染めをすることもあります)。

地染がすんだら、又蒸して地色を定着させます。

最後に生地に付着した糊と、布のりののりけや余分な色素などを洗い落とすために、水元(水洗い)をします。水元の後に、落ちた糸目糊の細い生地色の線が、染まらなかった部分として模様の周囲に残ります。その白い線こそが、友禅技法を特徴づけている糸目の線なのです。

そこまでで染めの工程は終了。
上がりに仕上げの金箔や上絵描きを施して、全制作工程は完了します。

お気軽にお問合せください TEL 048-482-0988 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 後藤友禅染色工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.